SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年の15年間で、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために達成を掲げた17の目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,DGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

~持続可能な未来の共創を~

「和紙ぐらし」のご利用はSDGsの目標達成に

つながります。

目標3「すべての人に健康と福祉を」

 この製品に使用している和紙糸〈キュアテックスヤーン〉は、調湿性、抗菌・消臭効果、UVカット効果などの機能性に優れ、汗をかいてもムレにくく臭いにくい特性を有しています。天然の植物を原料とし、乳幼児の肌にも安心して使える人にやさしい繊維であり、直接肌に触れる衣類や寝装寝具に用いることで、あらゆる人の健康と福祉に貢献します。

目標11「住み続けられるまちづくりを」

 ご使用後、お客様からご返送頂いた製品は焼却せず日本の土壌改善に活用します。

目標12「つくる責任 つかう責任」

 製品に使用している和紙糸「キュアテックスヤーン」は人の健康や環境に害のない天然植物を原料とし、世界最高水準の繊維の安全証明「エコテックス®スタンダード100」認証を、最も厳しい規制値の「製品クラスⅠ」で取得しています(認証番号:N-KEN 18040)。この環境循環型商品をご理解頂きご購入頂いたお客様と連携することで。地球環境改善の輪を広げます。

 ※「エコテックス®スタンダード100」は、350種類以上の有害化学物質を対象とする世界最高水準の厳しい試験をクリアした製品のみに与えられる安全な繊維の証として、世界中で取引や消費に際する指標となっています。特に「製品クラスⅠ」は生後36カ月までの乳幼児用製品が対象となっており、スタンダード100の中で最も厳しい認証クラスです。

 

目標13「気候変動に具体的な対策を」

 CO2発生の要因とされる石油から作られる合成繊維とは違い、和紙繊維の原料は東南アジアに自生する「多年生植物」です。成長が早く、刈り取っても3年程度で再生を繰り返すため環境負荷が軽く、気候変動を招く森林破壊にはつながりません。和紙繊維を生活に取り入れることは、気候変動に対する身近な対策になります。

またご使用後に焼却されないことで、布団カバー1枚あたり約14kgのCO2排出を抑制できます。

目標14「海の豊かさを守ろう」

和紙素材には汚染物質を吸着する効果があり、水質の浄化に役立ちます。

目標15「陸の豊かさも守ろう」

 ご使用後、お客様からご返送頂いた製品は土壌に還すことで減農薬・減肥料農業を実現し、大地の健やかさを守ります。改善された改善では、より栄養価の高い作物が育ちます。

目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」

 和紙糸メーカーの㈱キュアテックス、ご使用後ご返送いただくお客様、回収品を土壌改善に活かす弊社、改善した土壌で栄養価の高い農作物を育てる生産者、生産物を小雀様に提供する店舗そして消費者と、循環のパートナーシップで持続可能な未来の共創を進めます。